おうち時間に小学生が夢中になる、ためになる遊びとは?料金と口コミ

become-chubby-eyecatching.png おうち遊び

うちの子たちはおうち時間にほとんどswitchをしているけど、他の小学生たちは家でどんなことをしているんだろう?ゲーム機以外でためになる遊びって何かあるのかな。
具体的な遊びが知りたいな・・。料金や口コミも教えて!

 

本記事の内容

・小学生はおうち時間に何をして過ごしているのか大調査
・小学生のためになる遊びの料金と口コミ

小学生から高校生までの3人の子育てをしている現役の主婦、shufubonがお答えします。

早速見ていきましょう。

小学生はおうちで何をして過ごしているのか大調査

自分の子供が家でゲームばかりしていると心配になってきますね。

小中学生の遊び調査で、どんな遊びがランクインしているのか見てみました。

 

ゲームは小学生の遊び、上位に位置

小中学生の遊び調査によると、小学生の2位、5位にゲームがランクインしていました。

 遊び内容調査1.png
参照元: https://www.bandai.co.jp/kodomo/pdf/question243.pdf

ゲームを保有している子供たちが想像以上に多い、という事が分かります。

 

お友達がゲームを持っていると、当然学校などでもゲームのことが話題になることもあるため自分も欲しくなり買ってもらうというパターンが多いですよね。

 

また近頃は、親が買い換えた後のスマホを利用して自宅のWi-Fi環境で遊ぶ、なんてこともあり、子供とゲームが身近になっています。

自分のスマホを持ってる小学生も増えているみたい

一人一台以上のゲーム機を持っていると、やはりゲームの時間は長くなりがちです。

 

小学生のゲーム時間が増えてきている

また、自宅でするゲームの時間を調べたデータを調べてみたところ、2018年から2019年の伸びがスゴイです。

 

ゲーム時間調査
参考元: https://resemom.jp/article/2020/06/05/56603.html

上記のデータはコロナ休校前になるので、今年はさらにおうち時間が増え、ゲーム時間も伸びていそうです。

 

おうち時間が増えている今は、おうちでゲームをする時間を決めていてもなかなか守れないといったこともあるようですね。

 

そこで、学習要素のある遊び(おもちゃ)を取り入れることをおススメします。

子供たちは、遊んでいる感覚で学ぶのでゲームをしたような幸福感を得られるからです。

 

クイズ番組で小学校の問題が出たときなど、子供は真剣に解いたり考えたりしてません?

 

なぞなぞの無料サイトや楽しみ方はこちらから

 

・・とは言っても、おもちゃはお金がかかるし、自分の子供が喜んでするかどうかもわからないものにお金はかけたくないな、と思いますよね。

 

分かります。

買ったものの、全く遊ばなかったおもちゃほど、ムダなものはないって思いますもんね。

 

そこで、学習要素があって、自分の子供に合っているか、買う価値があるのかシビアにみていきたいと思います。

 

料金や仕様、口コミレビューを見ていきましょう。

 

小学生のためになるおもちゃ

こどものためになって、楽しくって、すぐ飽きなくって・・と買う条件をあげるならこんな感じでしょうか?

 

ジャンル別にためになる遊びを分け、鍛えられる能力を調べてみました。

ボードゲーム・・社会性、コミュニケーション能力、問題解決能力 達成感など
カードゲーム・・コミュニケーション能力、暗記力など
ブロック系・・想像力 思考力 集中力 達成感など
競技系・・達成感 体幹強化 集中力など
実験系・・好奇心 我慢強さなど

苦手な分野でもおもちゃを与えることで好きになることもありますね。

また、自分の子供が飛びつきそうだな?と思う分野のおもちゃを厳選していくと失敗が少なくなっていいかもしれないです。

 

たとえば、普段の生活の中から会話に出てくるおもちゃとか、好きな科目(理科なら実験系など)を参考にすると、より子供に合ったものを選べるかと思います。

 

まずは、社会性などが身に付けられるボードゲームから見ていきましょう。

 

ボードゲーム

ボードゲームは実際に人とやり取りを行うゲームなので、ネットとの世界とは異なり、リアルな人との会話術や交渉力など鍛えることが出来ます。

 

カタン

ボードゲームで代表的なものに『人生ゲーム』があります。
お金の計算から職業体験、人生設計と色々学ぶポイントはありますが、ボードゲームの『カタン』は世界で3000万個以上売れていて、受賞歴もすごい大ヒットボードゲームなんですよ。

 

数あるボードゲームの中でも3000万個以上という記録的な販売数を誇る「カタン」。

人気の秘密はカンタンなのに奥が深いこと。小学生から遊べるほどルールがわかりやすく、でも運だけ、戦略だけでは勝てない、大人もハマる奥が深いゲーム。

さらに「交渉力」を楽しく学べるゲームとしても人気が高く、

一部の商業高校で”交渉学”の教材として活用されるほど、知育・教育的要素も高いボードゲーム。

※掲載情報は2018年9月時点の内容です。

参考元:Amazon商品ページ「メーカーより」

 

・価格3000円前後
・プレイ人数:3-4人 ※2人でも遊べるルールもあり
・プレイ時間:約60分

口コミを見てみると、やはり噂通り楽しい!という声が多いですね。

 

噂通りの面白さでした。
小学1年生と3年生の子供と遊んでいますが、すぐにルールを覚えて一緒に遊んでいます。3年生はどうすれば勝てるのか戦略を練ってくるので負けそうになることもしばしば。1年生は最大騎士力カードを獲得するために開拓もせずに自滅していきます。楽しみ方は人それぞれ、勝てなくても楽しいようです。
ただし気が付くと2時間くらいあっという間にすぎてしまいますので時間に余裕のある時しかできません。
参考元:Amazonレビューより

一回のプレイ時間が長いようなので、忍耐力も付きそうですね。
休日など、まとまった時間があるときでないと難しそうです。
しかし、高校の教材として使われている所や、圧倒的な人気が魅力的で検討余地ありそうです。

カードゲーム

カードゲームもボードゲームと同じようにコミュニケーション能力や暗記力アップにつながります。

カードゲームと言えば、トランプやUNOが定番ですね。

トランプの盛り上がる遊び方をこちらの記事で詳しくお伝えしています。

 

ナンジャモンジャ

小学生に人気のカードゲーム『ナンジャモンジャ』を紹介します。

妖怪?かと思ったら、謎生物だそうですよ。

謎生物、ナンジャモンジャのカードが12種類入っていて、カードを引いた人が名前をつけていくゲームだそうです。

 

名前を覚えてないといけないので暗記力が必須ですね。

ナンジャモンジャに名前を付けるセンスなども養えそうです。

 

最高に面白いです!6歳、9歳の息子たちと遊んでいますが、毎回大盛り上がりです!キャラクターもユニークでかわいいし、毎回違う名前を考えて覚えるのは結構大変ですが楽しく、そう来たかー!なんて言いながら楽しんでいます。繰り返すうちにお気に入りのキャラクターができたりしてそれが出てくるだけで大騒ぎになります。大人も楽しめる、というか、子供の方が記憶力が良いので強いです!

参考元:Amazonレビューより

 

口コミを見てたら、とても楽しそうと感じます!

・価格1500円~2000円前後
・プレイ人数: 2〜6人
・プレイ時間:15分

カードゲームなので値段もお手頃に感じますが、すぐ飽きる・・でしょうか?
しかし、カードの枚数が少ない為か、価格が高いという口コミもありました。

ナンジャモンジャの遊び方は、こちらの記事でわかりやすく解説しています。

 

40代を過ぎると物覚えが悪くなってきたので、親のために脳の活性化として一緒にあそぶのもいいのかもと思っちゃいました。

 

ブロック系

ピタゴラスやラキューなど子供の想像力を立体的に表現することが出来るブロック系のおもちゃです。

ピタゴラス学年別

小学校高学年になってからブロックは少し遅すぎない?と思いますよね。

しかし、3,4年生になると算数で図形が入ってきます。
高学年では、立体的な図形や、合同なども入ってくるため苦手な子はひっかかるかもしれません。

 

このレビューも、算数対策に購入された方の声になります。

小学生の展開図理解に使えます。

小5の娘が立方体展開図のどの点が重なるかがわからず、勉強になるかと思い購入しました。これで遊んでいるうちに、ばっちりわかるようになりました。
低学年の下の子も、いろいろな形を作って遊んでいます。おもちゃにしては良い値段ですが、遊びながら勉強できたので★5つつけました。
楽天口コミより

他のレビューでも、図形のイメージを持たせるために購入する方が多かったです。

小学3,4年生と小学1,2年生に商品が分かれているため、より子供の年齢に合ったものが選べるところがいいですね。

 

数学の先生が発明されたおもちゃなのだとか。

 

・価格3000円~5000円前後
・プレイ人数: 1人~
図形の展開図や「合同」「多角形と角柱」の理解が深まるようですね。
特に、創作することが好きな子に向いてると思います。

競技系玩具

競技系のおもちゃはスポーツと同じ効果があり、自分に合った競技で個人技を磨いていく楽しさを得られます。

 

なわとびやけん玉など昔からあるものですが、おうちでもくもくとできる競技として注目されてるようですよ。

けん玉

けん玉は密かにブームとなっているようで、あちこちで紹介されていますね。

おうちでけん玉検定を受けることも出来るので、コツコツと練習をしてその成果を得ることもできるんですよ。

・価格:1000円~2000円前後
・プレイ人数: 1人

けん玉を始めるなら、コツをまとめたページを参考にすると早く上達できるかと思います。

けん玉のコツはこちら

 

実験系

理科が好きなお子さんや、好奇心旺盛なお子さんにオススメなおもちゃをご紹介します。

 

実験系のおもちゃは色々と有りますが、一度実験をしたら終わりのものが1,000円以下でありますが、コスパ的には悪い気がしますね。

 

電脳サーキット 100

ブロックを組み立てるような感覚で回路が組み立てられるので、男の子だけでなく女の子にも人気がある知育玩具です。

 

理科嫌いの小3の娘へのプレゼント。
最初のほんの少し説明書のお手伝いをしたら、すぐにひとりで夢中になって遊び始めました。すると、『ママ~、理科っておもしろい!』と叫んで大喜びしてました。まだ手元に来て3日目ですが、早起きしてまで遊んでいます。おかげでスマホとTVの時間が減りました。本当に買って良かったと思います。この度はありがとうございました。
楽天口コミより

 

価格は送料を入れると7000円程度で少し高めですね。

・価格:7000円前後
・プレイ人数: 1人~

電子回路などは好き嫌いが激しく、苦手意識が強いお子さんも多いですが、遊びを通してそれがなくなるなら買う価値はありそうです。

 

まとめ

今回は、「おうち時間に小学生が夢中になる、ためになる遊びとは?料金と口コミ」をご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?

 

ゲームにももちろん頭を使うようなものもあるのですが、コミュニケーション能力や社会性などリアルなおもちゃを通してでないと養えないものもあるように思えます。

 

ゲーム時間をなんとか縮めたいと思う親御さんはきっと多いかと思いますので、参考になれば幸いです。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました