室内用鉄棒のおすすめはこちらから>>

読書する時間がない!スキマ時間でも読める方法とコツ|忙しいあなたへ

ライフスタイル

読書をしたいけど家事に追われて、とてもそんな時間がありません。本を買ってみたけど、毎日子供のことで手いっぱいなんです。

こんなお悩みにお答えします。

農作業にテレワーク、さらに3人の子育てに追われるshufubonがお答えします。

時間がない中でも本を読むことのできる、実際に行っている方法を具体的にお伝えしますね。

 

月間1、2冊とゆるいペースで読む私ですが読書をすると新たな発見や、悩んでいたことがスッと消えてくれることがあります。

今回は、読書する時間がない忙しい方でもできる、スキマ時間に読める方法をご紹介します。

早速どうぞ!

この記事は4分で読めます。

読書する時間がない方向け スキマ時間に読む方法とコツ

reading-notime01

とにかく子育て中は忙しいため、自分時間を確保することってとっても難しいですよね。

『読書する時間がないなんて言い訳は許しません!!』なんて言ったりしないのでご心配なさらず(笑)

すき間時間に読める方法とコツは下記のとおりです。

・購入したらすぐ読む

・読みたくない場所は飛ばす

・本当に読みたい本を選ぶ

・ネットショッピング、スマホゲームの時間チェック

・家事や移動中に本を聴いて読む

1つずつご紹介していきますね。

 

購入したらすぐ読む

購入してすぐ読めたら悩まないよ~!!という声が聞こえてきそうですが、やはり購入したての時が一番、読みたいという思いも強いですよね。

おすすめは、購入後にざっと目次に目を通しておくことです。

そうすれば目次の中にある、自分の気になる箇所が目について、読みたくなる気持ちをもう少し引っ張り出せるんです。

それに後で時間があれば読もうと思って放置してしまうと、気持ちも冷めてしまい購入した本の存在さえ忘れてしまうかもしれません。

購入したものの、まだ読まずに眠っている方ももう一度チラっと目次を見てみるのもいいですね。

独身の頃ならまだしも子育て中の方であれば、子供の予定や家事に追われてとっても忙しいもの。

次に本を開く時は〇か月後、もしくは〇年後なんてことも・・!?

なので購入時にも目次を見たりしますが、家に帰ったらもう一度チェックしてみて下さい。

 

読みたくない場所は飛ばす

個人で稼ぐ先駆けであるマナブさんいわく、書籍には前半部分に重要部分が書いてあることが多いんだとか。

 

そして全ての本を読み切る方が少ないとも断言されてます。

なので、1冊読み切れていないからダメなど、ガンジガラメに自分を追い込まなくても大丈夫。

読みたくない場所は飛ばして、最初にチェックした目次の読みたい部分から読み進めてみて下さい。

読み飛ばした部分がないと不明な場合は、その時に少し戻って読めばOK!
そうしてその本の読みたい箇所のみ読むことができれば、もう何割かを読めていることでしょう。

 

本当に読みたい本を選ぶ

たくさんある読みたい本の中から、本当に読みたい本を絞り込みましょう。

読書したい!という強い思いが先にあると、あれもこれもと本を選んでしまい、途中で挫折というサイクルにハマりがちかと。。

 

いえ、実は自分の体験談です××

さすがプロの方が書かれているだけあって、本の帯に書かれてる文章ってとても魅力的なんですよね。

本屋さんを歩いてるだけで、たくさんの本が読みたくなってしまう方も少なくないかと思います。

本当に読みたい本を選ぶコツは、

・現在の自分の生活にとって必要かを見極めること

・書いてる人が誰なのかを知っておくこと

自分の生活にとって必要な情報であれば、本を読んで得た知識を自分の生活を通して実践してみることができます。

また、書いている人が誰であるか調べてみることで、自分がより気になっている人は誰の本なのかを知ることができます。

同じ著者の違う作品を読みたくなることがあるように、自分が魅力的だと思う著者の本を選ぶことができると、本の内容もきっと自分に合ったものと出会えることでしょう。

 

ネットショッピング、スマホゲームの時間チェック

ネットショッピングやスマホゲームは今の生活の中になじんでおられるかもしれません。

少し空いた時間にしようと思っていても、気づいたらわりと時間が経っていたってことありませんか?

もしもスマホ中心の方なら利用時間を、パソコンをさわるのが多い方は履歴を一度チェックしてみて下さい。

スマホのアンドロイドの方は、設定アプリの中にある『Digital Wellbeingと保護者による使用制限』で簡単に過去の利用時間や利用アプリを確認できます。

digital-wellbeing-check01.jpg    ⇒   digital-wellbeing-check02.jpg

本日の利用時間とアプリの詳細が出て、円グラフをタップで1週間分の時間が出ます。

機種やアンドロイドのバージョンによって表示が異なるかもですが、簡単に確認できますよね。

ついポコポコを少しだけやっちゃうと感じていても、実際には何時間もやっちゃってた!?って驚いたことがあります。

 

 

パソコンを多く利用される方はブラウザの利用履歴で時間チェックしてみて下さい。

少しでもムダな時間を洗い出して、本を読む時間を確保しましょう。

 

家事や移動中に本を聴いて読む

オーディオブックや電子書籍で、場所を問わずにスマホでも読書できるような時代になりました。

電子書籍の代表的なものがアマゾンのkindle(キンドル)ですね。
オーディオブック(耳で聴く本)の代表的なものが同じくアマゾンのAudible(オーディブル)です。

電子書籍⇒スマホ、タブレット、パソコンなどで目で見て読めるもの
オーディオブック⇒スマホ、タブレット、パソコンで本を聴けるもの

電子書籍はとても便利ですが、長い間画面を見てると目が疲れちゃうので実際に本を買って読む方がいい!という方もいらっしゃるかと。

気になる方は一度、無料キャンペーン中に試してみるといいかもです。
無料期間中に解約すればお金がかからず気になる本を読むことができちゃいます。

kindle(キンドル)は、無料の書籍も1万点ほどあり、一切お金をかけずに本を読むこともできます。
無料アプリを入れておけば、好きなタイミングに読書を楽しめますよ♪

目も疲れないし、時間も作らなくていいのがオーディオブックです。

子供の送迎中や通勤途中、家事をしながら読書できる、ながら聴き読書で無理せずすき間時間で読めるんです。

移動中や家事の最中に、プロの方が本を読み上げてくれるの耳で聴くだけなんですよ。

キンドルでも自動音声で読み上げてくれる機能があるのですが、アンドロイドだと対応外機種だと別のアプリ(Talkback(トークバック))を入れないといけないなかったり、少し音声がぎこちなかったりなどします。

オーディブルはプロの方が本を読んでくれるので、1作品ごとの世界観に触れられ、少し大げさに言うとちょっとした舞台を見たような感覚になります。

子供の送迎などの移動中にラジオや音楽の代わりに音声を流すだけでなので、時間も取らず、身近に本を楽しめますよ。

1.5倍など読む速さを変えたりもできるので、

子育て中の忙しい私たちにもってこいですよ。

オーディブルが少し欠点なのは車を運転中に聴いていて、本文中で「図を参照してください」と言われてもすぐにチェックできないことです。

また、聴くだけでは頭に入らないから読書にならないっていう方もたまにおられます。

オーディブルにも無料期間の1カ月(キャンペーン時は2カ月)の間に試してみることができるので気になる方は試してみて下さい。

12万冊以上が読み放題なので、気になっている本がある方は無料で読むことができるので試してみないともったいないかも!?です。

⇒オーディブル無料期間を試してみる

 

子育て中の方が読書するメリット

reading-notime02.png

年収の高い方がたくさん読書していることはたくさんの場所で語られていますよね。

個人で稼ぐ先駆者として代表的な、マナブさんやイケハヤさんも読書量がスゴイです。

 

とは言え、分かっていても読書がなかなか時間がなくて出来ないなぁと思っている子育て中の方へ、読書するメリットをご紹介します。

読書する姿勢を子供に見せられる

世界観が広がる=わが子へアウトプットでW成長!

子育ての悩みが解決できる

1つずつ説明します。

 

読書する姿勢を子供に見せられる

わが子に読書好きになって欲しい方にとって、自ら読書している姿勢を子供に見せられることは、とても大きなメリットではないでしょうか?

「親の背中を見て育つ」って言われますよね。

親の自分がゲームしているのに、子どもには「ゲームなんてしないで、本でも読もうよ」なんて言っても、子どもに響くはずもありません。

まずは自分が読書の楽しさを知って姿勢を見せ伝えることで、子供にも読書の楽しさや大切さを教えてあげる事が出来ます。

また、読み終わって得た知識(=インプットした内容)を子どもに分かりやすく教えてあげる(=アウトプットする)事で親子でダブル成長できますね。

 

世界観が広がる

1冊の読書をするたびに、世界観が広がります。

インターネットが身近になった今でも、自分が調べたい、知りたい情報だけを検索するため意外と狭い世界観で生きているそうです。

ネットショッピングで買いたいものを探してると、次回も広告で出てきて気になるアレがそうです。

読書ではまったく考えもしなかった、目からウロコな事を知ることが出来たり、大きく心を動かされたりしますよね。

読書は自分の世界観を広げるためにとても適しています。

 

子育ての悩みが解決できる

世界観が広がる事と似ていますが、読書で子育ての悩みが解決出来る事もあります。

子育てをしていると子供の成育についてや人間関係のこと、習い事のことなど悩みがつきません。

特にママ友や子ども同士に関わる人間関係のことは頭を悩ませますよね。

そんな時に心が許せる相談相手がいなかったり、相談できてもまだモヤモヤが残ったままだと、しんどくて生活に差し支えたりします。

読書であれば誰にも頼らずに解決できる事が出来ます。

自分が考えている以上に同じような事で悩む方も多く、それを知るだけで安心できたりしますよ。

 

読書の時間がない方も、スキマ時間で読書できます◎

今回は、読書する時間がない忙しい方に、スキマ時間でも読める方法とコツをご紹介しました。

もう一度おさらいすると、

・購入したらすぐ読む

・読みたくない場所は飛ばす

・本当に読みたい本を選ぶ

・ネットショッピング、スマホゲームの時間チェック

・家事や移動中に本を聴いて読む

という感じです。

移動中にオーディブルで本を聴き読みする際は、Wi-Fiのある場所(自宅など)で読みたい本を先にダウンロードしておくと移動中でも通信状況に左右されずに聴けておすすめです。

子育て世代の方は忙しくてなかなか、まとまった自分の時間を作ることができませんよね。

家事をしながらや寝る間際、車の移動中で聴きながらなど、コマ切れのスキマ時間を活用していきましょう♪

それではまた!

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました